気になる太陽光発電投資について情報収集してみました

ここ数年は定期預金の金利が過去最低といっていいくらい低くて、私も以前は金利が高めの定期預金や国債、さらには投資信託をしていたのですが今続けているのは投資信託くらいです。それで現在最も興味があるのが太陽光発電の投資で、太陽光発電といえば自宅にソーラーパネルを設置して節電が出来るといったイメージがあります。だけど太陽光発電投資を行っている人が増えてきているんです。

ちなみに太陽光による発電は固定価格買取制度により国が一定価格で20年間買い取ってくれるので相場の影響を受けにくいのがメリットと言えます。それになんとなく太陽光というと環境にいいことをしている気がして地球に優しいイメージですよね。

あと太陽光投資の利回りは平均10%前後と言われています。これって私が今までしていた投資とは比較にならないくらい高い利回りだったりします。比較対象として私が定期金利でこれまでで一番高かった金利は1.7%でしたし、国債は1.2%程です。投資信託に関しては順調に利益が出た年は5%から10%近い利益がありましたが、それでもこの5年を平均すると残念ながらもっと低くなってしまいます。だから10%というのは私にとってはかなり魅力的な数字と言えます。

そんな太陽光発電投資のマンション投資と異なり空室リスクや徴収リスクが0な点です。マンション投資なら入居者がいないと家賃収入は入りませんが太陽光発電はそんな心配は不要です。それに家賃滞納などのトラブルもないのが魅力です。

他にもメリットに管理に手間がほとんといらない点を挙げられます。太陽光パネルは可動部分がないから耐久性が高いし、定期点検、清掃などのメンテナンスは業者に依頼することが出来るそうです。まあ確かに自分で掃除はともかく定期点検なんて無理だし、掃除にしてもマンションの屋根や屋上にパネルが設置されている場合はちょっと素人には掃除は無理ですよね。だからお金がかかっても業者に依頼するのが一番と言えます。

太陽光発電で個人的におすすめだと思うのはソーラーパートナーズという会社です。興味のある人は、ソーラーパートナーズの評判と口コミなどをネットでチェックしてみるとよいでしょう。

ただ残念ながらデメリットもある様で天候の影響を受けるのは避けられません。晴れの日が多ければそれだけ太陽光で電気を作ることが出来ますが、曇りや雨の日が多いと発電量が減ってしまうので当然利回りにも影響が出てしまいます。それと怖いのが地震や土砂崩れなどの自然災害によるパネルや建物の崩壊です。初期費用を回収する前にそんな事になったら利益どころか損失が出てしまうといったリスクがあることをきちんと理解しておかないといけませんね。昨今は特に異常気象や地震が多いのでその点は少々不安があります。

この記事へのコメント